狗奴国は句麗国のことだった!
摩多羅神は何処から来たのか? 復刻版
黒澤一功の
古代史の世界にようこそ
  卑弥呼Xファイル」の著者がおくる最新情報:
Symbols are language that can help us understand our past.」、シンボルは言語であり、過去を理解する助けとなる (ダビンチ・コード)。

「都」の漢文訓読が誤訳だった。
魏志倭人伝、あなた、「都」を「ミヤコ」と思い込んでいませんでしたか?それは、とんでもない誤訳で、ほんとうは、「辺境の封地」という意味でした。すると、女王は邪馬台国にはおらず、逆に、帯方から高官・大率を派遣して邪馬台国を支配していたのです。みやこは「京師」が正しいのです。「邪馬台国の女王卑弥呼」というフレーズは的外れだったのです。

卑弥呼の卑は鹎だった!ベミといいます。
随書 俀國傳 俀王姓阿每,字多利思北孤,號阿輩雞彌、随書俀國傳の有名なアメノ.タリシヒコの姓名です。王名は阿輩・彌ですが、この雞は家禽(家鸡)、ニワトリという意味です。彌は「あまねし」、どうしたことか卑彌呼にかさなってきます。転ずれば、文型から、鳥から生まれた一族のということになります。いろいろと候補はあるでしょうが、雞彌の雛(ひなzhī)と、卑の文字は同意とみることができます。鹎(ひなどり)の省略文字が卑なのです。
卑弥呼→鹎彌居
bēi〕ひなどり、と訳します。しかし、どういう意味でしょう?随書 百済伝で、「婢云:「有物狀如雞子,來感於我,故有娠也。」王舍之。」とあります。これは、河伯の女の言葉です。「雞子(ひよこ)のような形をしたものが入ってきました。それに感じてわたしは妊娠したのです。」、王に伝えます。これが受胎の原因ということですが、雞子とは直訳すればニワトリの子です。この短い神話は高句麗建国開祖の朱蒙の誕生神話で、いわゆる天光受胎神話と呼ばれています。卵生神話の一つです。日本でも平安時代までは常識的な物語でした。続日本紀には和氏の上奏文、「それ百済の遠祖、都慕王は河伯の女日精に感じて生めるところなり。皇太后(高野朝臣新笠)はその後なり」・・・日精に感じて生まれたのは都慕王、高句麗の太祖です。都慕王とは別名、東明聖王、古事記では大国主、またの名を葦原色許男神(あしはらしこおのかみ)と言います。これらは高朱蒙の別称です。なんと、記紀・神代の物語の主役中の主役です。
さて、随書の続きですが、「棄之*廁溷,久而不死,以爲神」、豚小屋に捨てたが死ななかったので、王は以て神となした。」、八千矛神が日神の子だと認めたのですね。実は、日精または日神が三本足の烏(カラス)なのです。 鹎bēi〕は中国辞書では、黒褐色の羽と白い腹をもつ鳥です。

どうやら、卑彌呼と卑彌弓呼の奉じる遠祖(太祖)が共に都慕王(東明聖王)すなわち高朱蒙だったということになります。これだと、卑彌呼に敵対する男王が卑彌弓呼と、一字しか違わなくても納得のゆく説明がつくのです。卑彌呼も卑彌弓呼も河孫だったのです。百済も高句麗も扶余から派生した国です。卑彌呼が扶余女王、卑彌弓呼が高句麗王です。遼西扶余は公孫氏の配下で高句麗と果敢に戦いました。高句麗とは敵同士です。そして、タラシヒコも、雞彌です。だいたい330年ほど卑彌呼より後の時代ですが、朱蒙を太祖とする末裔だったという驚くべきことが暗示されます。

鹎彌は雞彌と同じで2文字2音ですが、「呼」は「居」の変体で、末尾語。あえて訳せば「自任する」と直訳できますが、転じて自称王と訳します。
あなた、「鹎彌居」が元字だったのです。発
音ではベミさんだったのですが、私たちがヒミコと通称してもまったく問題はありません。
「鹎彌居」の末尾の「居」とは、次のような意味です。
三国志魏書《夫餘傳》に4カ所、高句麗傳に一カ所、位居という語があります。高句麗傳の例:「今古雛加駮位居是也」、いま古雛加の駮(ハク)が位居なり。また、卑彌弓呼は東川王ですが、姓は高、諱は憂位居でした。居という文字は、こうして外せない一文字です。位居は王を指す人称代名詞です。三国史記でのおくりなは東川王ですが、中国側からは高句麗の憂位居となりますが、王と書かず位居と書いた理由は、中国朝廷の敵になったのですから、王の称号は剥奪していたからです。かってに自分で王といっているやつだということです。
辞書では:
居:付属形態素 (身を)置く,任じる.【거・コ】
用例
身居要职=要職に身を置く.
以功臣自居=功臣をもって自任する.

位居:位する【”위거イゴ】
ある地位につく
英語での説明:
"grade to assume a particular social position"

位居:自称王と訳したほうが適切です。

詳しくは狗奴国が句麗国で二か国あること、そして尉仇台という一世一代の扶余の英傑を知らねばなりませんがお楽しみに!

参照:
五人の大国主については、このページのタブ「スサノオは誰?」に詳しく論じています。


の本字は




bēiの漢字は雛(ひな)で、日本の辞書にはありません。
新華辞典 鹎(鹎)bēi
1.主に黒褐色の羽と白い腹、短くて細い脚を持ち、果物や昆虫を食べる鳥の属。
(鳥類的一屬,羽毛大部為黑褐色,腹白,腿短而細弱,食果實和昆蟲
ーーーーー

東明聖王(とうめいせいおう、トンミョンソンワン、朝鮮語: 동명성왕)は、高句麗の初代とされる王(在位:紀元前37年 - 紀元前19年)であり、東明王、都慕王とも呼ばれる。姓は高、諱は朱蒙(しゅもう、朝鮮語주몽チュモン)または鄒牟(すうむ、チュモ、朝鮮語: 추모)、衆解(しゅうかい、チュンゲー、朝鮮語: 중해)とされる。
『ウィキペディア(Wikipedia)』

広開土王碑=鄒牟

高句麗本紀=東明聖王、姓は高氏名は朱蒙、別称 鄒牟、象解

新撰姓氏録=鄒牟、須牟祁(すむき)王の後なり。須牟祁王が第一番目の須佐之男=初代東明聖王

新撰姓氏録=都慕王(つぼおう)

続日本紀=仲牟王、都慕王
古事記神代=五人いる大国主命の一人
古事記神代=葦原色許男

河伯(ハベク)の娘、名を柳花(ゆふぁ유화)という。(三国史記)

河伯の女=古事記では沼河比賣(ぬなかはひめ)のお名前で歌を一首詠っています。


简位居(かんいご)=简は姓、位居は”王”。すなわち、简王です。(尉仇台の嫡子。魏志倭人伝・景初2年の難升米の実名?



*廁溷(しこん)=廁所
(人糞を豚に食わせていたので厠と豚小屋は同じ構造物になっていた。)=便所のこと

八咫烏は日本のオリジナルではありませんでした。
このカラスには足が三本あるのが特徴です。朝鮮では、三足烏(サムジョゴ)と言われています。紀元前60年ごろから高句麗の朱蒙のトーテムだったのです。中国の桓仁満族自治県の五女山にある高句麗始祖碑の冠帽に描かれている三足烏。日神のシンボルだったのですね。JAFは八咫烏に本家があることを知らなかったようです。
東明王、都慕王とも呼ばれ、姓は高、諱は朱蒙。卒本(朝鮮語版)(チョルボン、現在の遼寧省本渓市桓仁満族自治県)に亡命して高句麗を建国しました。
Photo中:
「三足烏」形象(中国前漢時代の壁画) ⇒⇒⇒



Photo下:
熊野本宮大社 八咫烏 ⇒⇒⇒

足が三本、足の指も三本!黒褐色の羽と白い腹、短くて細い脚を持つ・・・これが特徴です。






アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター